スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク at | - | - | - |

Louisa Marks "Caught You In A Lie"



2009年10月17日Louisa Marksが西アフリカの小国ガンビア共和国で亡くなったそうです。食中毒だって。享年49歳。

Louisa Marksは英国Lloyd Coxoneのサウンド・システムのタレントショーで見出され1975年15歳でLloyd Coxone自身のレーベルSafariに最初のLovers Rockのレコーディングと言われている“Caught You In A Lie”を吹き込んだ。

原曲はRobert Parkerの1967年“Caught You In A Lie”
Robert Parkerは1930年ニューオリンズ生まれのサックス奏者だが自身のヴォーカルのレコーディングにも熱心だったようでNolaから1966年にリリースされた"Barefootin'"は 全米ポップチャート7位、R&Bチャートでは 2位を記録したとのこと。

“Caught You In A Lie”のジャマイカンカヴァーでは1975年Harry Moodie(Moodisc US)Maria Mudieの“Caught You In A Lie”がある。これも雰囲気がある。(ココで視聴)
ほかにもDerrick Harriottが1979年にアルバム" Reggae Disco Rockers"でカヴァー。Gregory Isaacsも2004年のアルバム"Masterclass"でカヴァーしているがいずれもおそらくはLouisa Marksのカヴァーとして録音したものだろう。英カヴァーではSandra Reidもある。

Louisa Marksの“Caught You In A Lie”を聴き直すと改めて彼女のエヴァーグリーンな歌声に魅了される。

Louisa Marks, Queen Of The Lovers Rock
Rest In Peace

Louisa Marks“Caught You In A Lie


Robert Parker“Caught You In A Lie”

続きを読む >>

Rub A Dub Styleeeee at 23:55 | comments(36) | trackbacks(0) | Lovers Rock |

Merry Christmas !!



Go Home Productions - Carpenters Christmas (Karen Meets Roots Radics Uptown)

ルーツ・ラディックスのトラックにカレン・カーペンターのヴォーカルをリミックスしたクリスマス・ソング
Fantastic!!

Go Home Productions

Rub A Dub Styleeeee at 23:58 | comments(2) | trackbacks(0) | Lovers Rock |

Barry Biggs - Sideshow


Barry Biggs - Sideshow

Barry BiggsはC.S.DoddやDuke Reidのもとでのバック・コーラス、Derrick HarriottのThe CrystalitesやThe Astronautsのメンバーを経てByron LeeのDragonairesのリード・ヴォーカリストになった

"Sideshow"はフィラデルフィアのBlue Magicの1974年のヒット
正統派のファルセットSweet Soul "甘茶系"ソウルの名曲
レゲエ・カヴァーとしては”べたぁ”な部類だけどBarry Biggsのルックスと同様憎めないラヴァーズの名曲
1976年UK シングル・チャートで3位になった

Barry Biggs - Sideshow


Blue Magic - Sideshow
Atco 1974



続きを読む >>

Rub A Dub Styleeeee at 02:35 | comments(0) | trackbacks(0) | Lovers Rock |

Are these the same tunes?



Freddie McGregor - That Girl (Groovy Situation)

1987, Porydor UK プロデュースはFreddie McGregor本人と Dalton Browne, Cleveland Browne(Steely & Clevie)
Freddie McGregor がソウルフルに伸び伸びと歌い上げる爽やかなチューン。
オリジナルはGene Chandlerの"Groovy Situation" 1970

この曲もジャマイカで人気があったらしく、Dave & Ansel Collins"That Girl"(1971)やDerrick Harriott"Groovy Situation"(1971)、Tony Tuff "Groovy Situation"(1981)などが同曲のカヴァー。未聴だけどWinston Francis" Groovy Situation"(1971)やJohn Holt"That Girl"(1982)もたぶん同曲。

ちなみにLloyd & Glen"That Girl"とLee perryプロデュースKeith Rowe"Groovy Situation"は別曲。The Meditationsにも"Groovy Situation"という曲があるけど"Being A Dread Is No Crime"というサブタイトルがついてることからもたぶん別曲。

でもこのFreddie McGregor"That Girl (Groovy Situation)"は、単なるGene Chandlerのカヴァーではなく、Young Holt Unlimited"Soulful Strut"のリフを大々的に使ったアレンジになっているのが特徴。

Young Holt Unlimited"Soulful Strut"はインスト曲で、ジャマイカではSound Dimensionが収録しているほか、ラテンジャズWalter Wanderleyなど多くのカヴァーがある。

そしてこの曲にヴォーカルをつけた"Am I The Same Girl"はBarbara Acklinがオリジナルで、Dusty Springfieldなど、この曲もまた多くのカヴァーがあるがSwing Out Sisterによるカヴァーが記憶に新しいところ。(といっても1992年か...)
レゲエではWinsome "Am I The Same Gir"(1986)も同曲。リリース年からも曲名からも当然ながらDandy Livingstone"You're Not The Same Girl"は別曲。

ググってみたら"Soulful Strut "と"Am I the same girl "のカヴァーのリストを発見。
未聴の曲が多いので真偽のほどは?...だけどHipHop系にも人気のようでリスト外でもBeasitie BoysやPete Rock & CL Smoothもサンプリング・ネタで使ってるとか。

さすがは音楽のセンスがいいジャマイカンのこと、"Groovy Situation"と"Soulful Strut" これら人気の2曲のおいしい所を(単なるカヴァーやネタではなく)うまく調合して料理してしまうセンスがさすがですな。

+++++++++++++++++++++++

Young Holt Unlimited / Soulful Strut (1968) +++ オリジナル
Barbara Acklin / Am I the same girl (1969) ++++ ヴォーカル曲オリジナル

Dusty Springfield / Am I the same girl (1969)
Sound Dimension / Soulful Strut (1969)
The Spotnicks / Soulful Strut (1969)
Walter Wanderley / Soulful Strut (1969)
Wilson Das Neves / Soulful Strut (1969)
Salena Jones / Am I the same girl (1970)
Bill Deal & The Rondells / Soulful Strut (1971)
Horst Jankowski / Soulful Strut (1972)
George Benson / Soulful Strut (1979)
Charmaine Burnette / Am I the same girl (1981)
2 Live Crew / Coolin´ (1989)
Swing Out Sister / Am I the same girl (1992)
Nick Collione / Soulful Strut (1994)
Billy Larkin / Soulful Strut (1995)
Winsome / Am I the same girl (1998)
Kim Waters / Am I the same girl (1999)
Grover Washington Jr. / Soulful Strut (2000)
Monty Alexander / Soulful Strut (2002)
Joss Stone / Don´t cha wanna ride (2004)
Osaka Monaurail / Soulful Strut (2006)

Freddie McGregor - That Girl (Groovy Situation)


Gene Chandler - Groovy Situation


Young Holt Unlimited - Soulful Strut


Barbara Acklin - Am I The Same Girl

Rub A Dub Styleeeee at 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | Lovers Rock |

Oh Me Oh My (I’m A Fool For You Baby)


Karen Smith

Karen Smith - Oh Me Oh My (Taxi / 1990)ラヴァーズの名曲。

自分的には1990年Jamaicaで買ったレコードということもあり思い入れが深い曲
実はこの曲はカヴァーなんだけど、どうやらジャマイカン好みの曲らしく
70年代から多くのレゲエ・シンガーにカヴァーされている

オリジナルはLuluというグラスゴーの女性ブルー・アイド・ソウル・シンガー
1964年にThe Isley Brother’s “Shout”のカヴァーでデビュー
1967 年には映画 “To Sir With Love”のタイトル曲で全米チャート1位を獲得
そして1969年にMuscle Shoals, Atranticで"New Routes"というアルバムを録音し
シングル・カットされたこの曲"Oh Me, On My (I’m A Fool For You Baby) "がスマッシュ・ヒット
Jim Dorisの作曲
Aretha Franklinのカヴァーも有名
Irma Thomasも歌ってるらしい(未聴)

レゲエのカヴァーで判明したのは以下の5曲で
Donna & Freedom Singers - Oh Me Oh My [1970 | Prod: C S Dodd|Bamboo/BAM53A ] (未聴だけどたぶん同曲)
Lloyd Tyrell - Oh Me Oh My [1970 | Lloyd Charmers | Prod: Lloyd Charmers|Bullet/BU443A ]
Jerry Jones - Oh Me Oh My [1970 |At The Hotel Kingston| Bamboo/BDLPS 213- A-5 ]
Sweet Little Bunty - Oh Me Oh My [1975 | Prod: Mike Dorane|Ackee/ACK540B ]
Lloyd Charmers - Oh Me Oh My [不明]

他にもBree Daniels、Lee ”Scratch "Perry、Eak A Mouse 、Freddie McGregor 、Garnet Silkなどで同タイトルの曲があるがこれらは別の曲。

Karen Smith - Oh Me Oh My (Taxi / 1990)


Lulu - Oh Me Oh My (I’m A Fool For You Baby) (Atoco / 1969)


Oh Me Oh My (I’m A Fool For You Baby)

To make you laugh I'd play the fool for you,
Although the people turn and stare.
I'd give my everything to keep you for
It breaks my heart when you're not there.
I'll stage a ballet on a table top,
Command performacne finger size.
Though I ain't got no tune my show won't flop,
Cause I'll find the music in your eye.

Oh me oh my
I'm a fool for you baby.
Oh me oh my,
When I'm crazy, said I'm crazy
Oh me oh my
I'm a fool for you baby
Let your love light shine on me.

We'll blow a genie from a cigarette,
We'll take a magic carpet ride,
We'll tell our smoky friends now don't forget
You must keep us side by side,

Oh me oh my
I'm a fool for you baby.
Oh me oh my,
When I'm crazy, said I'm crazy
Oh me oh my
I'm a fool for you baby
Just let your love light shine on me.

Rub A Dub Styleeeee at 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | Lovers Rock |

Your Love Won't Shine


8月28日はBeres hammondの誕生日なんだそうで。
53才になるんだそうです。
Riddim Jamaicaが選ぶべレスのトップ10チューンは以下のとおり。

1: Angel Eyes
2: They Gonna Talk
3: Can You Play Some More? (Pull Up), featuring Buju Banton
4: Sweetness
5: Sweet Lies
6: Tempted to Touch
7: Don't Play With My Heart
8: Give It All You've Got Today
9: Putting Up Resistance
10: Double Trouble

最近の曲が多いのかな。
ソロ転向初期のラヴ・バラッドにもいい曲多いんだけどな。
ソウル・マナーの曲が多いから外したのかなあ。

オレのなかのトップ1は当然この曲!
Beres Hammond - Your Love Won't Shine From; Soul Reggae (1976LP/Producer : Willie Lindo)

Rub A Dub Styleeeee at 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | Lovers Rock |
| 1/1PAGES |